介護の仕事をしていると、一番体力的に大変だと思うのが、お風呂介助だろう。

制服からお風呂介助用の服に着替え、午前中、時には午後もお風呂介助を行う。

脱水症状にならないように、こまめに水分補給を行うことが必要だ。

大変な仕事だが、利用者様と1対1で話す機会が多く、コミュニケーションが取れる機会でもある。

そして、介護報酬で入浴加算がつく。

例えば、枚方市のデイサービスでお風呂介助を行うと、入浴加算が基本点数に加算される。

たいていの枚方市にある介護保険施設では、機械浴層が設置されている。

介護度が重い場合だと、機械浴槽が必要不可欠だ。

軽く車が一台買えるような値段だが、設備投資をしないと事業が立ち行かなくなる。

研究開発が進み、機械浴槽も進化している。

数年前と今と機械浴槽を比べると、利便性だけでなく、水や電気の使用料などを抑えられ、長く同じ機械浴槽を利用することが一概に経費削減とはならなくなってきた。

長期間利用すると磨耗も心配だし、どこかのタイミングで変える必要がある。

数年に一度はショールームに行き、情報をアップデータして、利用者様、そして働いてくれている人に負担のかからないようにしないといけない。

店名:デイサービスココロステッキ
住所:〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号 
電話:072-858-0506 

店名:有料老人ホーム ココロステッキ
住所:〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号 バンフビル3階、4階、5階(24室)
電話:072-800-1766